コーヒー豆の種類と選び方

コーヒーの美味しさを保つ保存方法

自分のお気に入りのコーヒー豆を見つけることができたら、次に覚えるべきはその豆の保存方法です。

コーヒー豆は焙煎したものだとしても、時間の経過と共に段々と酸化していってしまい、それに伴って当然その本来の美味しさというものも失っていきます。

たとえしっかりとした方法で保存をしたとしてもどうしてもその酸化というものは止めることはできないのですが、そのスピードを遅らせることはできます。

せっかく好きで買ったコーヒー豆ですから、そのおいしさを少しでも長く楽しむためにちゃんとしたコーヒー豆の保存方法というものは知っておきましょう。

容器とその保管場所

まずコーヒー豆は豆の状態であればおよそ2〜3週間程度、粉の状態だと1日でも味は落ちてしまうと言われています。

ですのでまずおいしいコーヒーにこだわるのあれば、必ず豆の状態で買った方が良いとなるでしょう。

コーヒー豆を保存する容器はできるだけ密封されたものを選ぶようにした方がよいです。

密閉されているのであれば、プラスチックやタッパーなどその形状は特にこだわる必要はないでしょう。

透明なワインボトルや水のグラスボトルなどを使用するとおしゃれインテリアとしても使えますのでこれもおすすめです。

そして保管場所ですが、これは原則として直射日光の当たらない場所。

そしてコーヒー粉の場合は購入後すぐにでも冷蔵庫や冷凍庫に保存し、またコーヒー豆の場合も購入してから1週間程度を過ぎる頃から冷蔵庫や冷凍庫で保存するようにします。

コーヒーは生鮮食品としての考えが強いものですので、常温ではどうしても劣化のスピードは上がってきますのでなるべく冷蔵庫、できれば冷凍庫で保存するようにしましょう。

どうしても冷蔵庫などで保存してしまうと味が落ちてしまうという方もいらっしゃいますが、そういった場合はコーヒー豆などは常温で保存できる1〜2週間のうちに消費できるように少なめに購入するようにしましょう。



おいしいお水「アクアセレクトの天然水」
おトクな「スタートアップ年間パックプラン」お申込み受付中です!