コーヒー 便秘

コーヒーは便秘に良い?悪い?

便秘のときにコーヒーを飲むと症状を悪化させてしまうという話を聞いたことがある人も多いでしょう。

また逆にコーヒーを飲むと便秘が解消されるという話を聞いたことのある人も多いと思います。

このような間逆の意見を聞いてしまうと、「一体どっち!?」と思ってしまいますが、どちらにも納得できるような説明はあるようです。

まずコーヒーには利尿作用がありますので、便秘のときにコーヒーを飲んでしまうと体内の水分を奪ってしまい、それが原因となって便秘が悪化してしまうということですね。

便秘のときには水などを大量に飲むことが推奨されますので、確かにこのことは良くないのかもしれません。

また一方、コーヒーには大腸の動きを促進する効果があると言われていますので、このことによってコーヒーを飲んでいたら急に便がしたくなったということもあるのでしょう。

これらの働きは人によってもある程度変わってくるものでしょうので、一概にコーヒーが便秘に良い、悪いとは言う事はできないのかもしれませんが、実際に自分でコーヒーを飲んでみて、どちらの働きが自分にとって大きいかを見計らうのが一番確実な方法となるのではないでしょうか。



おいしいお水「アクアセレクトの天然水」
おトクな「スタートアップ年間パックプラン」お申込み受付中です!